初期状態で発見すれば大丈夫

自分で気づきにくい段階

虫歯は悪化すると痛みを感じるなど、自覚症状が出ます。
しかしその頃だと治療中の痛みも大きくなるので、その前に気づくのがベストです。
また歯周病は悪化しても痛みがなく、自分で気づきにくいと言われています。
そこで小さな虫歯や歯周病でも早く発見できるよう、歯医者の定期検診に行きましょう。

定期検診では、医師が隅々まで歯を確認してくれます。
そして少しでも異変があれば治療を開始し、これから病気を発症するリスクがあるのか教えてくれる面もメリットです。
今は病気になっていなくても、リスクが高いと言われたら油断せず、これまで以上にケアに力を入れてください。
医師に効果的なケア方法や、おすすめのアイテムを尋ねても良いですね。

数か月おきに行くこと

1年に1回や半年に1回では、少ないと言われています。
次回の定期検診までに病気を発症するかもしれないので、もっと短い頻度で歯医者に行ってください。
おすすめは、3か月に1回の頻度です。
忙しい人でも、そのぐらいの頻度だったらスケジュールを調整して、定期検診に行く時間を確保できると思います。

また、知識と実力を持っている歯医者を利用しましょう。
医師のスキルが足りないと、小さな病気を見逃す恐れがありますし、治療がスムーズに進まないことが考えられます。
さらに設備が整っている歯医者だと治療の選択肢が豊富だったり、痛みが少ない最新の治療を選べたりするのでおすすめです。
そのため、歯医者の情報を調べた上で決めましょう。